2009年08月05日

クレンペラーのバッハ:ブランデンブルク協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《ブランデンブルク協奏曲》はバッハの代表的な作品だけに、多くの指揮者が録音している。

しかし、この作品に反映されたドイツ精神を最もよく体現した演奏として、私はクレンペラーの録音を考えている。

実にスケール雄大な、悠揚迫らぬようなバッハで、その圧倒的な存在感はちょっと比類がない。

他の指揮者が、多かれ少なかれ独自の解釈を打ち出し、演奏に新鮮味をもたらそうとしているが、クレンペラーの解釈には何のケレンもない。

彼は、ひたすら音楽に精神を集中し、そこに籠められたバッハの精神を伝えようとする。

ここでは、6つの協奏曲のそれぞれ異なった様式と性格が、クレンペラーの作り出す安定した流れと結びついて展開される。

そこには常にクレンペラーの鋭い眼光が働いていて、一瞬たりとも弛緩が見られない。

弦楽だけで演奏される第3番や第6番は地味な作品だが、クレンペラーの音楽に対する考え方を端的に示している。

特に第6番の第2楽章での彼の演奏は、大空を悠々と流れる雲を眺めているようなファンタジーを呼び起こす。

バッハの音楽の偉大さ、指揮者クレンペラーの偉大さを再認識せざるを得ないような演奏内容である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:57コメント(0)バッハ | クレンペラー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ