2011年09月23日

バーンスタイン&ウィーン・フィルのブルックナー:交響曲第9番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バーンスタインが最後の年(1990年)にウィーン・フィルを指揮して残した無二の遺産(ライヴ録音)。

約20年ぶりに取り上げた第9番を圧倒的な感動に満ちた音楽として描き上げている。

バーンスタインは壮大なスケールの音楽を、自己の感性のおもむくままに表出しているが、内面の素朴な共感によってブルックナーの音楽的本質に触れている。

極めて自己主張の強い演奏で、随所に誇張気味の表情も見られるが、それが作為的に行われるのでなく、心からそのように感じとった結果と考えられるため、格別の真実味が感じられる。

第2楽章の克明なディテールと濃密な表情のなかに、バーンスタインの人間的な主張が明らかにされ、第3楽章の悠揚とした流れは常にない起伏を示し、すべてのフレーズに充実した表現力が充満し、強く積極的な神々しさがつくりだされて、味わい深いコーダへと高揚を続ける。

あたたかさと清澄感をそなえたフィナーレは、まさに感動的といわねばなるまい。

オーケストラの最高の実力を引き出した演奏であり、最も洗練された音楽感情が心から歌われている。

とはいえブルックナーの様式からは遠く離れており、第1楽章第2主題や第3楽章の粘着力の強い表現など、まるでマーラーのように聴こえる。

ブルックナーの作品よりバーンスタインの音楽性を感じさせる表現といえよう。

シンフォニストとしてのブルックナーの存在を3つの楽章を通して強くアピールする演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:47コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ