2015年01月19日

シューリヒト&ベルリン・フィルのブルックナー:交響曲第7番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シューリヒトの1930年代の代表的録音のひとつ。

放送録音を除くとこれがシューリヒトの初のブルックナー録音であった。

シューリヒトは1964年にハーグ・フィルとも録音したが、オケの演奏能力の低さやコンサート・ホール・レーベル特有の音質の低さが気になってしまう人もいるのではなかろうか。

それに対し当盤は、1938年と録音は一段と古いが、戦前にシューリヒトがしばしば客演したベルリン・フィルとの唯一のブルックナーの交響曲録音であり、それが残されていたことに深く感謝したいかけがえのないディスクである。

シューリヒトのブルックナーはそのどれもが格別の名演だが、戦前のベルリン・フィルのまろやかでブレンドのよいサウンドで綴られたこの第7番は、この指揮者ならではの悠然とした音楽の流れが絶品であるほか、渋く苦みばしった枯淡の表情もが独自の魅力を放っており、辛口の大人の味つけが聴き手を魅了する。

ハーグ・フィル盤とは基本的なスタンスは同じものの、微妙に表情の趣が異なる感じだ。

それはベルリン・フィルに良い意味での緊張感が漲り、普段よりさらなる透明感のある響きと密度の濃いニュアンスが醸し出されているからである。

ブルックナーを得意としていたシューリヒトの存在感と、誠実に音楽に奉仕する彼の棒が生み出した名演と言えようか。

録音はいかんせん古いが、最早そんなことは超越している。

否、このオーケストラであり、この録音だからこそ、シューリヒトとしても一期一会の素晴らしいブルックナーとなったのだと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:45コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | シューリヒト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ