2011年09月06日

ヨッフムのブルックナー:交響曲第1番&第6番(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

いずれもヨッフムの旧盤で、全集から分売されたのが有難い。

というのも、この2曲以外はシュターツカペレ・ドレスデンとの全集(新盤)で充分満足させてくれるからだ。

第1番のCDは朝比奈も良いが、スケルツォに大きな差がついている。

主部は胸がわくわくするような愉しい音楽だが、それをヨッフム(旧盤)くらい見事に表出した例はない。

快適なテンポ、生きて弾むリズム、鮮やかな音色感、チャーミングな主題の奏し方。

もちろんトリオの詩情もすばらしい。

この指揮者はアレグロ楽章の腰の軽いのが欠点だが、初期の作である1番シンフォニーだけにこれで充分だし、ブルックナーの本質をぴたりと捉えているので安心だ。

しかし、スケルツォに並ぶ傑作はアダージョで、聖フロリアン教会の春を想わせる清らかな寂しさを、ヨッフムは絶品の名指揮で聴かせてくれるのである。

第6番は、この曲の美しさを筆者に最初に教えてくれた忘れ難い名レコードで、その後ヴァント、アイヒホルン、朝比奈、スクロヴァチェフスキーなどの美演がより優れた録音で登場しても、この盤の価値は不滅といえよう。

とくにアダージョがすばらしい。

浄福と祈りに満ちたわびしさが全編を漂い、みずみずしいヴァイオリンの音色が最高である。

まさに絶美、至福のひとときだ。

同じヨッフムでもドレスデンの新盤には、この魅力はない。

第1楽章全体を駆けめぐるのは森羅万象の響きである。

彫りの深い、剛毅で有機的な生々しさがブルックナーの箴言を随所で伝える。

ただ、ヨッフムの表現はスケルツォ以下がいささかスケールの小さいきらいがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:42コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ヨッフム 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ