2011年09月12日

ゲルギエフの「パルジファル」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ゲルギエフ初のワーグナー。

彼はワーグナーにことのほか情熱を示しているが、録音として出るのはこれが最初となる。

「パルジファル」は聖杯伝説を扱い宗教色が強いため、旧ソ連時代は全く演奏されず、崩壊後の1997年にゲルギエフにより80年ぶりに復活蘇演された。

晩年のワーグナーならではの長大で難解な作品ながら、ゲルギエフは得意として世界各地で上演し、好評を博している。

日本でも熱い期待が寄せられ、つい先ほどの2011年2月に第3幕を演奏会形式で上演して、好評を博した。

当盤はもちろん全曲盤。

ルネ・パーペをはじめリトアニアの名花ヴィオレッタ・ウルマーナほかゲルギエフの信頼厚い芸達者が集結、非常な熱演を見せてくれる。

ゲルギエフも終始強い緊張感を保ちつつ、壮麗な響きを引き出す豪演で、聴き手を陶酔の世界へと導く。

彼の音楽もますます大きくなり、さすがの巨匠芸を聴かせてくれる。

音のスライドが美しい、まさに音の饗宴で、ところどころ派手な場面もあるが、音楽の静謐さを損なうことはない。

こんな「パルジファル」は聴いたことがなかった!

「パルジファル」解釈の新しい礎となる衝撃的演奏の登場といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:49コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | ゲルギエフ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ