2011年09月13日

アブラヴァネル&ユタ響のマーラー:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



昨年はマーラーの生誕150年、今年は没後100年ということでマーラー作品のリリース・ラッシュが続いている。

モーリス・アブラヴァネル指揮ユタ交響楽団の演奏によるマーラーの交響曲全集が再発されたが、これがなかなか面白いのである。

しばしば歴史的録音とはされながらも、評者の”転ばぬ先の杖”か、必ず何かしらの留保付きで語られて来た当全集、ようやく念願叶って全曲通して聴くことが出来た。

実際に触れてみると、いささかの躊躇も不要、思慮深い使命感と客観性に貫かれた、素晴らしい演奏ではないか。

確かにオーケストラのメカニカルな技量そのものを内実と切り離して”測定”すれば、超一流とは言えないに決まっていようが、要するにそれは只それだけのこと。

アブラヴァネルの深謀と熟練のタクト、それに自然に共鳴するかのようなユタ交響楽団の響き。

温かくも鄙びた魅力が細部に至るまで沁みわたっている、というだけでなく、それらが各作品の壮大な構成の中で、驚く程有機的に生かされている。

アメリカのオケらしく明るい音色だが、マーラーは暗く激しく演奏するものだという了解ができたのはバーンスタイン、テンシュテットあたりからだろうか。

ことさら悲劇性を強調しない明るく屈託のない演奏でありながら、優しさに満ちた演奏で、曲の構造もわかりやすい。

共感と慈愛に溢れてもいるが、その飄々とした味わいは、時に一方的に”感動”を煽るバーンスタイン流のアジテートとは、およそ対極にある。

その点では、表層の仕上げ方の甚だしい違いにも関わらず、あのMTTのマーラーにも通底する、ある種の遊民的な楽観性を感じさせるものかも知れない。

全集を通じての表現のスタンスの一貫性も、それこそ感動的なまでのマーラー音楽への信頼を、立派に体現している。

今更ながら、マーラー演奏の一つの原点に出会った、そんな幸福感でいっぱいだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 06:12コメント(0)トラックバック(0)マーラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ