2011年11月02日

カラヤン&ウィーン・フィルのブルックナー:交響曲第8番(1988年Blu-ray)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



亡くなる直前まで精力的なレコーディング活動を続け、映像ソフトだけでもおびただしい数を残したカラヤン。

このブルックナー8番は1988年11月に収録、その約1ヶ月後のキーシンと組んだチャイコフスキーの協奏曲その他がカラヤン最後の映像作品となったわけだが、そちらはジルヴェスター・コンサートのライヴで、あくまで放送局が主導の中継映像だった。

つまり、このブルックナーは、カラヤン自身が演出の細部にまで関わった事実上最後の映像作品ということになる。

演奏は、なによりカラヤンの尋常ならざる意気込みがひしひしと伝わる凄まじいものだ。

この時期のカラヤンは肉体的な衰えをもはや隠し切れず、その様子は痛々しいほどなのだが、それだけに、一種異様なまでに爛々と光る眼光の鋭さは強烈すぎるほどで、この収録に対するカラヤンの執念にも似た情熱を嫌でも感じさせる。

ブルックナー演奏史上1,2を争うと言いたくなる第1楽章の凄絶な威圧感には、そんなカラヤン最晩年の音楽に対する執着が強烈に感じられ、その苦痛に身もだえるような壮烈なカタストロフィは言語を絶する。

それだけに、第3楽章アダージョの絶世の美感は格別の感銘をもって聴き手に迫る。

ブルックナー作品のなかでもとりわけ第8番を得意としたカラヤンとしても、この豊麗な、まさに美音に溺れ込むかのような響きはかつてないほどである。

それでいてこの演奏が、いわゆる“白鳥の歌”というような浄化や清らかさよりも、“美的なるもの”に対する強烈な憧憬を感じさせるのは実に興味深いところであり、いかにもカラヤンらしいところと言えるだろう。

壮大にして豊穣をきわめたフィナーレの素晴らしさを含め、この演奏は、“美”にとり憑かれ、その追求に一生をささげたカラヤンという指揮者の個性と魅力が、かつてなく反映した傑作といえるのではないだろうか。

そうしたカラヤンの情熱を、ウィーン・フィルがまた信じられないほどに豊かで美しいサウンドで支えている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:44コメント(0)ブルックナー | カラヤン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ