2011年09月25日

アンドレーエ&ウィーン響のブルックナー:交響曲全集(世界初の全集録音)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



幻のスイスの名匠フォルクマール・アンドレーエのブルックナー:交響曲全集。

かつてウィーン響90周年で『ロマンティック』が発売されブルックナーの名匠として突如知られるに至ったスイスの大指揮者フォルクマール・アンドレーエ(1879〜1962)。

アンドレーエはチューリヒ・トン・ハーレ管弦楽団の指揮者、チューリヒ音楽院の院長などをつとめ、作曲家としても知られた。

ブルックナーを得意とし、第4番や第9番のスイス初演を行っている。

現在活躍中のマルクは孫に当たる。

この巨匠を指揮台に迎え、1953年の1月から2月に掛けてウィーンに於けるロシア管轄の放送局であるRAVAG(アメリカ管轄はご存知の赤白赤放送)+ウィーン響による大プロジェクト『ブルックナー:交響曲全集』世界初録音セッションが行われた。

全ての曲が1枚のCDに収まっていることからもわかるように、キリリと引き締まった快活なテンポが採用され、初期交響曲などは猛スピードといった感じで、言うなればベートーヴェン風ブルックナー。

アンドレーエのブルックナー解釈は、派手な効果を狙ったり、大げさな感情移入を伴うものではなく、客観的にスコアを鳴らすことに主眼がある。

有名な『ロマンティック』でも、冒頭のホルンの第1主題の荒涼とした茫漠たる表現など、最初から聴く者の心を捉えて離さない。

そしてブルックナー解釈の最大の問題を提供するフィナーレは、淡々と歌わせながらも愛敬があり、音楽そのものに語らせるアンドレーエの客観的精神が素晴らしい成果を上げている。

凝りに凝ったアンドレーエ録音リスト付。ORF提供正規音源。音質も良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:41コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ