2011年10月09日

ケンペ&チューリヒ・トーンハレ管のブルックナー:交響曲第8番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1971年11月12・13日、チューリヒ・トーンハレに於けるスタジオ録音。

"幻の演奏"とされてきたこのケンペの「ブル8」は噂に違わず奇跡の如き感動的な演奏だった!

重厚でスケールが大きい。かと言って大言壮語する訳でもない。わざとらしいところも皆無。素朴でもある。最高級の名演奏だと思う。

豪勢なブルックナーに慣らされた耳には、透明な光と山の頂から見下ろすかのような大気感を感じさせるこの演奏は新鮮だ。

ブルックナーの交響曲は人間がみた世界でなく、神からみた描写世界ではないだろうか。

その意味で曲の中に作曲者自身の存在が感じられず、そこがベートーヴェン、ブラームスやほかの作曲家と決定的に違う。

だから指揮する人が自分を前面に押し出すと全く的外れな音楽になってしまうし、逆にそれが解っていればある程度の崩しがあってもよくインテンポに拘わらなくともよい。

少なくともブルックナー指揮者と言われる過去の巨匠はそのことをよく理解し指揮しているが、それを最もよく体現してたのがケンペではなかっただろうか。

変に効果を狙うでもなく曲自体に語らせる職人芸はケンペならではである。

1970年代にこれだけのブルックナーを演奏していたとあらば、ケンペは間違いなくその時代の、ブルックナー解釈の第一人者だったろうと言える。

ブルックナー・ファン、ケンペ・ファンには必聴の名盤と言いたい。

このような名演を聴くとケンペという人が(指揮者としては)若くして亡くなったということが惜しまれてならない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:45コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ケンペ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ