2011年10月14日

コンヴィチュニー&チェコ・フィルのブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



コンヴィチュニーはこの曲を3回も録音している。

ウィーン響、ゲヴァントハウス管、そしてこの演奏で、前2者はノヴァーク版、なぜかこのチェコ・フィル盤だけがハース版である。

コンヴィチュニーとチェコ・フィルの《ロマンティック》は、ドイツ的なブルックナーの典型である。

チェコ風のしなやかな表情はここにはまったくない。

そのかわりに、むしろゴツゴツした、肌ざわりの粗い、しかし圧倒的に内発的な力をそなえた表現が、演奏に鋼のごとき強靭さを与えている。

その表現は内にこもって深く精神的なものとなり、はげしく内に燃える。

チェコ・フィルのアンサンブルも密度が高く、陰影が深い。

とはいえコンヴィチュニーのブルックナーはよく歌いながらも淡々としており、その意味で今日では稀少価値がある。

むろん作品の起伏は確実で、表情は明快この上ない。

素朴で色付けのない表現だが、全曲にぴんと張り詰めた緊張感があり、オーケストラを朗々と歌わせた正攻法ともいえる演奏が、強い音楽的感興と結ばれている。

しかもこの指揮者の常として、無用にテンポを動かさない解釈が堂々とした風格を感じさせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:11コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | コンヴィチュニー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ