2011年10月19日

スウィトナー&シュターツカペレ・ベルリンのブルックナー:交響曲第5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スウィトナー&シュターツカペレ・ベルリンによるブルックナーの交響曲全曲録音は、1986年の8番にはじまり、1年1曲のペースで1、4、7、5番まで進んだところで病気により中断。

しかし、9番以外の名曲が録れたのは幸いだった。

いずれも録音はベルリン・キリスト教会で、残響が美しいのが特徴。

この「ブル5」は、1990年1月8-13日の録音で、スウィトナーは当録音の3ヵ月後に、同オケを辞任している。

ブルックナーの真髄と触れ合った秀演である。

極めて個性的で、スケールの大きい雄大な演奏だ。

スウィトナーらしく朗々と旋律を歌わせており、第1楽章はやや速めのテンポだが、晴朗で風格豊かな音楽だ。

古き良き時代のドイツの伝統に準じた解釈で、なんのケレン味もなく徹している。

第2楽章の、幅広い旋律の流れが壮大に高揚し沈潜する表現は、この楽章の様式と精神を素直な感受性で表出したものといえる。

第3楽章は素晴らしい動感と劇性の変転で聴き手を魅了し、テンポも良く、抒情的な雰囲気も良い。

第4楽章も特筆に値する演奏。軽やかなリズムと独自の歌謡性で一貫している。

そのためか緊張感がやや弱まる部分もあるが、コーダに向けて徐々に雄大さを回復していく。

ロマンティックな解釈とはひと味違うテンポに対する一貫性が保たれているが、この辺はスウィトナーの面目躍如たるものがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:47コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | スウィトナー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ