2011年10月22日

スウィトナー&シュターツカペレ・ベルリンのブルックナー:交響曲第1番(リンツ版)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1987年5月12-15日、旧東ベルリン、キリスト教会に於けるデジタル録音。

筆者は正直言って、この「ブル1」は唯一スケルツォのテーマだけが胸をワクワクさせるような躍動感があり、魅力があるように思えるのだが、全体として、このスウィトナー盤を聴くまでは作品の真価を感じることができなかった。

スウィトナーの指揮は、作品の若々しさとウィーンの街ののびやかな雰囲気に通じる気分をくっきりと表している。

とにかく全体が歌に満ちた表現で、最初の低弦のリズムからさえ、もう躍動する歌が聴こえるようだ。

推進力も強く、デュナーミクのコントラストは強いが作為的ではなく、その線の太さは男性的と言えるし、オーストリア風の優美な様式が作品にふさわしい。

これがまた初期のブルックナー風でもあるのだ。

それに加えてスウィトナーの作る響きは明るく洗練されている。

スウィトナーが1964年から90年まで音楽監督を務めたシュターツカペレ・ベルリンは、さすがに指揮者の意図を完全に知り尽くしているようで、ディテールのすみずみまでよく練られたアンサンブルを聴かせる。

良い意味で常套的なスウィトナーの解釈は、楽譜に忠実であると同時に清潔でキメ細かく、しなやかで流動性が強い。

これは彼の音楽性そのものである。

現代の優れたブルックナー演奏の典型と言って良い1枚。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:36コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | スウィトナー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ