2011年11月24日

ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのベートーヴェン:交響曲第1番、第6番『田園』


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



第1番は1982年1月28日、《田園》は1982年10月17日、いずれもレニングラード・フィルハーモニー大ホールに於けるライヴ録音。

《田園》は、レニングラード放送局が放送ライヴ(ディジタル)録音で、テスト録音していたもの。

《田園》という曲のせいか、ムラヴィンスキーとしてはあどけないばかりの微笑みや、いじらしい木管の歌い交わしや、心からの愛情が流れた表現であり、それが格調の高い音楽性の中からあふれ出る。

マイクがクラリネットの前にあってバランスが悪いが、それさえ愉しさを倍加させている。

この《田園》はこれまでのムラヴィンスキーとはいささか違い、管楽器パートのテクスチュアの絡みを重視して、そこに豊かな表情を要求している。

テンポも概して緩めにとっており、第1、2楽章ではまさに牧歌的性格を醸し出している。

そして、彼本来の特徴といえる低弦部を強調したマッシヴなエネルギーを第4楽章では思い切り発揮させ、終楽章ではおおらかなスケールで描いた会心の好演だ。

第1番は旧ソ連で初めてディジタル録音設備が導入されたレニングラード放送局で、実験的に行われたライヴ録音と言われる。

演奏は、造形がかなり古典主義的で、響きはロマン派的であるのが興味深い。

ムラヴィンスキーの芸術性を端的に示し、しかもその中に強靭な意志力と雄大な気宇が秘められた、格調の高いベートーヴェンである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:19コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | ムラヴィンスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ