2011年11月16日

クーベリック&ボストン響のスメタナ:わが祖国


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クーベリックは、祖国チェコへの讃歌ともいうべきこの連作交響詩を5回録音している。

中でもチェコの自由化がなった1990年の「プラハの春」音楽祭におけるチェコ・フィルとのライヴ録音は、歴史的な記録として知られているし、スメタナの没後100年を記念した1984年のバイエルン放送響とのライヴ盤も、逞しい音楽の流れと強い表出力をもった名演である。

しかし、演奏の細部まで最もバランス良く整っているのは、このボストン響との1971年のスタジオ録音であろう。

クーベリック&ボストン響盤は、チェコのローカル・カラーを充分に身に付け、しかもそれだけではないインターナショナルな感覚で、スケール大きく表現し尽くした名演である。

内容、外観ともに充実した出来ばえで、ディスクとしての完成度の高さは、このスタジオ録音盤が屈指のものといえるのかもしれない。

その演奏は、クーベリックならではの透徹した読みが細部まで的確に行きわたるとともに、きりりとひき締まった構成の中に共感ゆたかな表現がいかにもくっきりと気品高く織りなされている。

明快で誇張のない運びと全曲を通してのしなやかな起伏と緊張感もすばらしく、精緻な美しさとゆたかなスケールを見事に合わせそなえた演奏は、いかにも彫り深く新鮮である。

腰のすわった語り口で、この交響詩の魅力が的確に語られている。

演奏全体の緻密な表現や音質といったことまで含めると、やはりボストン響との演奏が最高だと思う。

脂ののりきった時期の堂々たるクーベリックの指揮、全曲を見通す揺るぎのない構成力、音楽を支える精神の強靭さと平衡感覚、そして演奏の完成度の高さとオーケストラ表現のスケールにおいて、やはりこの全曲盤には傑出したものがあると思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:54コメント(0)トラックバック(0)スメタナ | クーベリック 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ