2011年11月29日

小林研一郎&アーネム・フィルのチャイコフスキー:交響曲第5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2005年4月6-8日、ナイメーヘン、コンセルトヘボウ・デ・フェレエーニヒング DSD レコーディング。

レパートリーの少ない小林研一郎だが、その中の極めつけはチャイコフスキーの5番である。

ムラヴィンスキーも凄いし、ストコフスキーも愉しいが、筆者は両者を折衷したような小林型を第1に採りたい。

この曲を最も得意とし、彼のレパートリーのトップに置いている小林の表現は、音楽の細部までを完全に自分のものとして消化しつくし、しかも旧録と変わらず目いっぱい振る舞っているところが凄い。

テンポは大きく変化し、楽器や表情は彫り深く抉りぬかれ、随所で情熱が爆発する。

第1楽章の序奏部から指揮者の感情が全開しているが、主部の雄弁な語り口には、まさに自分の土俵で相撲をとっているような自在感があり、第2主題、第3主題のテンポの落とし方は旧録よりもずっと自然になったが、それでも初めて聴く人をびっくりさせるだろう。

直後の一気呵成の疾走も凄まじい。

コーダでは大芝居が待っており、その冒険はセクシーでさえある。

第2楽章は目いっぱい感情をこめているのに完熟の味わいがあり、第3楽章のファゴットのテーマには往年の指揮者と同じルバートがかかる。嬉しい。

そして、フィナーレの躍動的な大迫力!

小林はまるでチャイコフスキーの5番を指揮するために生まれてきたような音楽家だが、数えきれないほど演奏しているのに、どこにも慣れを感じさせないのは立派だし、アーネム・フィルも極めて上質である。

これは数ある小林のチャイコフスキーの5番の決定盤かもしれない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:54コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | 小林 研一郎 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ