2012年01月20日

レオンハルトのバッハ:パルティータ(新盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



グスタフ・レオンハルトは、バッハの《パルティータ》に2度挑戦している。

「現代のバッハ」と呼ばれたレオンハルトだけに、いずれも名演だが、2度目の録音を聴いた時、まずチェンバロの素晴らしい音色に驚いた。

ここで使用されているミヒャエル・ミートケの楽器(ウィリアム・ダウッド製作)は、1719年にバッハがみずからベルリンを訪れて注文したものをモデルとしている。

ミートケの楽器の特徴は、音域全体にわたる落ち着いた音色にあり、バッハの音楽のように、各声部の旋律が絡み合うポリフォニー音楽にふさわしい。

レオンハルトのCDでも、ファンタジアやトッカータなどの壮麗な冒頭楽章や端正なアルマンドで、素晴らしいポリフォニーが展開されている。

バッハ研究家レオンハルトの、楽譜の深い読みがすみずみまで行き届いた演奏だ。

またレオンハルトは2度目の録音にあたって、たとえば組曲では一般にクーラントからサラバンドに続くことから、第4番のアリアとサラバンドの順序を逆に弾いたり、各舞曲の反復を省略したりするなど、前回とは違った試みをおこなって、簡潔で奥深いバッハの世界を築き上げていくのである。

旧盤にみられた細部へのこだわりがなくなり、スケールのいっそう大きな、品格高い音楽となっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:31コメント(0)トラックバック(0)バッハ | レオンハルト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ