2007年12月19日

シェリングの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(新盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



最近はバロック・ヴァイオリンによる演奏も含めて、《無伴奏ソナタとパルティータ》をさまざまな様式で聴くことができる。

それは、バッハの音楽が持つ包容力の大きさを示すものではあるが、多彩な演奏を聴いていると、時として端正で折り目正しい演奏を聴きたくなる。

そのような時に、まず思い出されるのがシェリングの演奏である。

シェリングの弾くバッハは、《無伴奏ソナタとパルティータ》に限らず、常に明確な構成力と豊かな感情に裏付けられている。

それが演奏に安定感をもたらし、ひとつひとつのフレーズに表情を与え、結果として堅固でスケールの大きな演奏を生み出す。

シェリングの演奏は決してヴィルトゥオジティを意識させることはなく、ヴァイオリンの美感を強調することもない。

それはヴィルトゥオジティが音楽の本質と固く結びついているためで、感覚に媚びることがない。

そこから自然に生ずる格調が、聴く人に音楽を高い次元にあると意識させるのである。

バッハの厳しく深い精神と暖かく豊かな人間性がヴァイオリン・ソロという最小限の媒体を介して表現されている音楽を、シェリングは謙虚な姿勢と強い確信をもって演奏している。

シェリングは《無伴奏ソナタとパルティータ》を2度録音しているが、円熟期に録音されたこの再録音を採るべきであろう。

解釈がいっそう深まり、音楽との一体感が強まっているからである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:09コメント(0)トラックバック(0)バッハ | シェリング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ