2011年12月31日

アシュケナージ&ショルティのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アシュケナージのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集は、後のメータ&ウィーン・フィル、クリーヴランド管との弾き振りの録音によって、最初のショルティ&シカゴ響との録音は影が薄くなった感は否めないが、ここでのアシュケナージは(もちろん極めてすぐれたものであるが)、比較的標準的なスタイルに近く、特に《皇帝》では最も万人向きの名演を聴かせる。

アシュケナージはまだこの録音時35歳であり、彼の最後のコンクールである、1962年のチャイコフスキーからはまだ10年しか経っていない。

全体的にはフレージングといい、フィーリングといい、優等生のそれであって、際立って個性的というわけではない。

とはいえ、もちろん、後の彼を思わせるような部分は萌芽として存在しており、磨かれた音色と無理のない表情、きっぱりとした中に多様なニュアンスを秘めている。

ことに第3番では、30代のアシュケナージが完成された大家のような深みのある表現を行っている。

第4番では彼は意識してピアノの音色を変えておりペダルを多用し、音量の変化に幅を持たせ、強弱の起伏をくっきりとつけている。

なかでも第2楽章は練り上げられた美しさと精神的な深さを感じさせる演奏だ。

これに対するショルティは、すでに将軍格の指揮者であり、シカゴ響は世界でトップを行く最強のオーケストラであり、この新人を迎えて、いつものように見事な統制と、輝かしい音とで歓迎の意志表示をしている。

全体の作り方はシンフォニックであり、弱音でオーケストラがピアノをバック・アップする時でも、重要な動機などはショルティは十分に歌わせて、単なる伴奏の役ではないオーケストラ作りをしている。

ショルティの棒は切れ味のよいリズムで、ベートーヴェン的な雄大な性格が見事に再現されている。

指揮者とオーケストラに関しては、全3回の録音で、この時のものが最もすばらしいといえる。

ただ、時にピアノはオーケストラの波に巻き込まれるようなところもあり、ソリストと指揮者の年齢差、貫禄の差を感じさせることもあるが、それは致し方のないところであろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:15コメント(0)トラックバック(0)アシュケナージ | ショルティ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ