2011年12月16日

サージェント&ロイヤル・フィルのスメタナ:連作交響詩「わが祖国」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1964年2月26〜28日、ロンドン、アビー・ロード第1スタジオでの録音。

実は『わが祖国』で、筆者が秘かに愛聴しているのが、このサージェント盤である。

故サージェントはビーチャムと並ぶ高名かつ典型的なイギリスの音楽家である。

音楽はあくまでジェントル、強烈な個性には欠けるが穏やかな味わいと気品を持つ。

サージェントの指揮は、いかにもイギリス紳士らしい品の良い堅実なもので、自国イギリスや北欧の作品には手腕を発揮したものだが、こうした民族色の濃い作品はどうやら肌に合わなかったようだ。

このCD、名演目白押しの大名曲だけに較べられると少々つらいが、かといって音楽が違うという事はない。

6曲とも明確な棒で丁寧に仕上げているが、全体に表情が端正すぎ、人によっては、もう少しスラヴ的な熱っぽさ、たくましさが欲しいところであろう。

スメタナやドヴォルザークなどの、いわゆるスラヴ系の音楽は、郷愁をソソるような節回しが特徴で、それを「誇り高きわれらが民族」的な解釈の熱い演奏に仕上げて成功したのが、名盤で知られるクーベリックだと思う。

ただ、郷愁とは情熱であると同時に「やすらぎ」でもあるはずだ。

このサージェントの演奏は、決して最上の録音ではない。

しかし安心して耳を傾け、大人の視線で見守られている、みたいな、静かな気持ちになれる。

数々の熱演型名演盤に辟易した方にお薦めしたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:24コメント(0)トラックバック(0)スメタナ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ