2012年02月03日

ミュンシュのミヨー:世界の創造&プロヴァンス組曲ほか


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ミュンシュによるミヨー、プーランク、ストラヴィンスキーの録音を集大成したアルバムで、いずれもミュンシュ唯一の録音。

ジャズのエレメントを取り入れたバレエ「世界の創造」、プロヴァンス地方の民族色豊かな「プロヴァンス組曲」、いずれもミヨーならではのウィットに富んだ楽しい作品であり、ミュンシュはそうした特質を大らかに歌い上げている。

ミュンシュの「世界の創造」という曲の内容を知り尽くした明快な棒さばきもさることながら、ボストン響の楽員たちの卓越した技量にも驚く。

特に管楽器と打楽器のうまさは圧倒的である。

「プロヴァンス組曲」では、ミュンシュは精緻で若々しい表現をしている。

生気にあふれた第4曲や、情趣の濃い第7曲など、傑出した出来ばえである。

プーランクの「オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲」では、ザムコヒアン(オルガン)の多彩なソロが聴きもの。

またプーランクの協奏曲でティンパニ・ソロを受け持つエヴァレット・ファースは小澤時代までボストン響の首席ティンパニストをつとめた名手で、現在ではサイトウ・キネン・オーケストラに参加するため毎夏来日して日本のファンにも馴染みが深い。

なおジャケットの絵はフランスの画家フェルナ・レジェによる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:13コメント(0)トラックバック(0)ミュンシュ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ