2012年01月09日

バーンスタイン&ウィーン・フィルのモーツァルト:交響曲第25番&第29番/クラリネット協奏曲(シュミードル)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



後期6大交響曲に続くバーンスタイン&ウィーン・フィルのモーツァルト/交響曲シリーズの第4作である。

意外にも3曲ともにバーンスタインの初録音で、シュミードルのクラリネット協奏曲もこれが初めてである。

バーンスタインとウィーン・フィルによるモーツァルトの交響曲演奏の特徴は、たっぷりとした響きや隈取りされた情緒、堂々とした構成といった点にあるが、このアルバムでもバーンスタインならではのモーツァルトの交響曲の本質を究めた演奏を聴かせている。

バーンスタインの指揮の下、ウィーン・フィルはその真髄を完全に現している。

第25番は洗練された美の極致ともいえる鮮麗なサウンドで、聴き手を魅了してやまない。

彫りの深さ・ゆったりとしたテンポ・運命を予感させる暗い曲想など、今までの、誰の指揮とも違う第25番であるが、その深い情念を聴いてしまうと、これが最高と説得されてしまう。

第29番も極めて音楽的に絶妙な表現で、造形は端正そのものだし、弦のしなやかさ、のびやかさなど初めて聴くような感動を与えてくれる。

木管の自発的で豊かな表現力にはもはや形容する言葉もない。

クラリネット協奏曲も秀演で、実際、シュミードルの演奏はさすがに素晴らしく、クラリネットのふくよかな音色が実に心地よく響きわたる。

シュミードルの独奏は甘く美しく、まさにウィーン独自の音と音楽だ。

ここではバーンスタインもサポートに回って、豊麗なバックグラウンドをシュミードルに提供している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:26コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | バーンスタイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ