2012年01月13日

ターリッヒ&チェコ・フィルのドヴォルザーク:スラヴ舞曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



22年間にわたってチェコ・フィルの首席指揮者を務めた名匠ターリッヒが残したドヴォルザーク録音の名品のひとつ。1950年代の代表的名盤。

録音も古さが目立つし、音感覚的にもやや古いけれども、これらの舞曲が民俗的特徴をきめのこまかな表現のうちに生かしてゆくのが味わい深い。

このような味わいのある《スラヴ舞曲集》の演奏は、残念ながら近年のチェコ・フィルからは聴けなくなってしまった。

ターリッヒが振っていた頃は、チェコ・フィルも戦前からの楽員が多少とも残っていて、1970年代以降のやる気のないオーケストラにはなっていなかった。

それにターリッヒ自身も、ニキシュ門下の合理主義者で、決してローカルな感覚の田舎指揮者ではなかった。

この《スラヴ舞曲集》も、いわゆるローカルカラーに寄り掛かった、方言丸出しのスタイルではなく、なかなかモダンですっきりした快演になっている。

ボヘミア的要素が単なる田舎臭さを超え、品格を保って高く薫ってくるのはさすが大家。

リズムが弾んで湧き立つような快活さもあり、旋律は実によくうたっているが、少しもセンチメンタリズムに陥ることがない。

モノーラル録音だが、ナロウ・レンジなだけで、本場によるものでは、最も魅力的といえるのではないか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:59コメント(0)トラックバック(0)ドヴォルザーク  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ