2012年01月21日

グリュミオーのバッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



グリュミオー唯一のバッハ《無伴奏》録音。

グリュミオー最盛期の録音(1960〜61年)だけに、ぐいぐいと迫力をもって音楽を進めてゆき、しかもテクニックはいかなる難所でも揺るがない。

艶やかな音色と、伸びやかな響きはそれだけで大きな魅力だ。

そのようにして彼がリアライズしていくバッハの音楽には、ある種の奔放さがあるが、それは構成にメリハリをつけるためのものであって、恣意性を感じさせるものではない。

古楽器的なイディオムとは違った、伝統的なバッハ観に基づいたロマンティックな演奏だが、グリュミオーの艶やかで柔らかな音色や、表情に富んだ生き生きとした音楽作りは魅力的だ。

それに演奏を覆う眩しいほどの気品はやはり彼ならではのもの。

グリュミオーはエネスコに師事したが、それはヴァイオリンではなく、主に作曲を学んだという。

エネスコの演奏と比較すると容易に判明することであるが、エネスコの解釈をほとんど完全に継承したこのグリュミオーのバッハは、独自の明晰で合理的な演奏解釈が打ち出されている点において、エネスコの元で育まれたグリュミオーの緻密な作曲家視点をも明瞭に浮き彫りにした演奏になっている。

ある時期のわが国では、グリュミオーは単なる美音家と捉えられていたこともあったが、この演奏では、ラテン的な発想のもとで作品の意味と本来のあり方に肉薄しようとするグリュミオーの真剣な意図を感じ取ることができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:43コメント(0)トラックバック(0)バッハ | グリュミオー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ