2012年02月02日

朝比奈隆&新日本フィルのチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



筆者は、朝比奈のチャイコフスキーが好きだ。と同時に、チャイコフスキーを振る朝比奈が好きで堪らない。それも「悲愴」がいい。何度聴いても泣かせてくれるからだ。

その感銘は、神品と謳われたブルックナー演奏にも匹敵するものがあった。

朝比奈は、晩年こそ「スコアに忠実」という禁欲的な態度をとったが、もともとは芝居気たっぷりの芸風を持つ華のある舞台人であった。

その元来の資質を誰に遠慮なく発揮できた音楽が、チャイコフスキーだったのである。

とはいえ、それがストコフスキーばりに豪華絢爛なものではなく、内面的な情感をたっぷり開陳するあたりが大きな魅力であった。

この新日本フィル盤は、晩年の演奏ゆえに、だいぶ表現が整理されてしまっているのが残念だが、それでも、朝比奈の破天荒な表現力を偲ぶには十分だ。

第1楽章提示部は恐るべき遅さで始まる。

これだけのスローテンポを支える精神力は並大抵ではないが、オーケストラの音の薄さが露呈してしまうのも致し方あるまい。

しかし、第2主題から展開部にかけて、まるでこの世のものとは思えない凄絶極まりない音が現出する。

燃える恒星を背負う巨人のような悲劇性がここにはある。

第3楽章も、スローテンポによる驚愕の演奏。

第4楽章はまさに男泣きの音楽だ。

こういう音楽になると、朝比奈の人間の大きさ、人生の豊かさが物を言う。

今思えば、演奏会場でともに泣けた聴衆は幸せ者だったと言えるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:26コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | 朝比奈 隆 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ