2012年02月06日

メニューインのバッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1956-57年にロンドン、アビー・ロード・スタジオで録音された、メニューインのバッハ「無伴奏」の決定盤。

今日の進んだ技術的なマスターという点からすると、メニューインのこの演奏はいくぶん野暮ったく聴こえるかもしれない。

展開の仕方も全体の構築も、ところどころ穴が開いたようで心許なさが拭えない。

しかし全体は火を吹くような情熱のほとばしりと、ヒューマンな高い志にみなぎり、聴き手の心を熱くする。

メニューインは演奏会場でエンタテインメントのために演奏しているのではない。

いわば窓から今にも身を投げようとしている人間を説得しようとする、そんな懸命さを印象づける。

今日ではそんな接し方は煩わしく、余計なお節介だという向きが増えてきているかもしれない。

しかし、そこにヒューマンな共感の最後の絆があることもたしかだ。

技のキレなどでは、1930年代の旧録音にはかなわないが、清澄な音色と真摯な表現には打たれる。

1950年代後半のモノラル録音だが質は高く、ソロ楽器だけだからステレオでないハンディを感じない。

廃盤にせず、カタログにずっと残してもらいたい録音だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:54コメント(0)トラックバック(0)バッハ | メニューイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ