2012年02月19日

カラヤン&ベルリン・フィルのチャイコフスキー:3大バレエ・ハイライツ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《くるみ割り人形》組曲をはじめチャイコフスキーの3大バレエから聴きどころを抜粋した演奏会用組曲集。

このベルリン・フィルとの再録音は、いずれもカラヤン一流の演出巧者な演奏である。

ウィーン・フィルを指揮した演奏はソフト・ムードだったが、ここでは、アンサンブルがさらに緊密となり、表情が引き締まっている。

《白鳥の湖》の民族的で色彩豊かな「ハンガリーの踊り」や「情景」の描き方、《眠りの森の美女〉での幻想味あふれ、情感たっぷりな旋律の歌わせ方など、カラヤンならではの腕の冴えだ。

ことに《眠りの森の美女》は、この曲のもつシンフォニックな特性を巧みに表出していて見事だ。

劇的な序奏からリラの精の動機を導いていくあたりの演出のうまさ、「長靴をはいた猫」の木管楽器の扱い方、よどみなく流麗にまとめた「ワルツ」など、カラヤンの指揮棒の魔力には魅了されてしまう。

《くるみ割り人形》も優れていて、カラヤンの肌に合った作品だけに手慣れたものだ。

3曲に共通するチャイコフスキー特有の華麗で優美な〈ワルツ〉、《白鳥の湖》の〈情景〉に代表される悲劇的な雰囲気、情熱的な〈ハンガリーの踊り〉や〈ロシアの踊り〉など、各曲の特徴も鮮明に表現されている。

カラヤンの音の錬金術師ともいうべき手腕が素晴らしく、その意図が徹底されたベルリン・フィルの精妙な響きと表現力にも圧倒される。

これは、チャイコフスキーの音楽特性を十全に表出した、実に見事な演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:35コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ