2012年02月07日

ミュンヒンガーのバッハ:フーガの技法&音楽の捧げもの


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハは《フーガの技法》の演奏形態を指定しなかったので、演奏をとやかく言う前に、どういう楽器で演奏するかという問題が生じてくる。

親しみやすくわかりやすいという点では合奏によるもので、細かいところまで丹念に整えられたミュンヒンガーの演奏がスタンダードといってよさそうである。

《フーガの技法》を室内オーケストラで演奏する場合、演奏者によってかなり楽器編成が異なるが、ミュンヒンガーは、弦楽器を主体にした地味な編成にしている。

こうした点、いかにも誠実な彼らしい扱いである。

演奏は、実にすばらしく、彼は、それぞれの曲を入念に練り上げながら、全体をきわめて精巧に仕上げている。

その彫琢された音の響きは大変美しく、きめの細かな奥行きの深い表現には、強く心を打たれる。

未完に終わっている最後の4声の4重フーガのあと、オルガン・コラール《われら悩みの極みにありて》を全曲の結びとしているのも、大きな特色の一つである。

《音楽の捧げもの》は、ミュンヒンガー&シュトゥットガルト室内管弦楽団のコンビによる数多くの定評あるバッハの演奏の中でも、最もすぐれたものの一つだ。

ミュンヒンガーは彼自身の編曲した譜を用い、この曲の構成の美しさを強く正面に打ち出しながら、一分の隙もなく全体をまとめている。

その厳格な表現はいかにもこの人らしく、彼の真価が最高度に発揮されている。

特に荘重な雰囲気にあふれている「6声のリチェルカーレ」が出色だ。

いずれも長年にわたるミュンヒンガーのバッハ音楽研究の成果が、見事に表れており、バッハの音楽の真髄を極めた名演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:55コメント(0)トラックバック(1)バッハ  

トラックバックURL

トラックバック一覧

藝大プロジェクト2011 会場:東京藝術大学奏楽堂 2011年10月30日 レクチャーとコンサートを組み合わせた「元禄」シリーズも今回が最終回。お題はバッハと「六段」でお馴染み八橋検校である。 といっても、皆川達夫のレクチャーもバッハのことは全く出て来なくて

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ