2012年02月09日

リヒターのバッハ:ヨハネ受難曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リヒターによる当受難曲の唯一の録音。

現代においてもリヒターのバッハ演奏は高い評価を維持し続けている。

わけても《マタイ受難曲》(1958年)と《ヨハネ受難曲》は双璧。

同じキリストの受難を描くにしてもその感触と角度は異なる。

バッハのふたつの受難曲では、俗に《マタイ》のことをオペラティックといい、この《ヨハネ》のことをドラマティックと評している。

これは、《ヨハネ》に用いられているテキストが《マタイ》以上に聖書の言葉に忠実で、音楽よりもむしろ、物語としての流れが第一に考えられているからである。

ここでのリヒターは、いかにも彼らしい厳しい態度でまとめあげた演奏を行っている。

《マタイ》の演奏の時よりも、さらに人間的な味わいを強く出していて、それがこの演奏の完成度を高めている。

本盤ではリヒター特有の峻厳な解釈と鋭敏な表現の切り口と共に、内容が促すドラマティックな要素も添加させることに成功。

その要とも言うべきヘフリガー(福音史家)の張りのある伸びやかな歌いまわしは絶品。

人間味に溢れた劇性を重んじたかのような雰囲気が漂っているのが特長といえる。

リヒターによるバッハ演奏のディスクの中でも特に傑出したもののひとつだ。

リヒター固有の演奏哲学と美意識が結集されたこの演奏は、今後ともバイブル的な存在として語り継がれていくに疑いない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:20コメント(0)トラックバック(0)バッハ | リヒター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ