2012年02月09日

リヒターのバッハ:クリスマス・オラトリオ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リヒター唯一の《クリスマス・オラトリオ》の録音。

筆者にとって、《クリスマス・オラトリオ》という作品に親しむきっかけを与えてくれた懐かしい録音。

リヒターの演奏は、力強い喜びにあふれたもので、その精神的燃焼度の高さには圧倒される。

今、聴きなおしてみると、その重厚さに驚かされる。

レチタティーヴォもオペラ的で芝居がかっているように感じる。

人間の感覚というものは当てにならないものだ。

初めてピリオド楽器による演奏に接したときにはなんと軽薄な、と思ったのに、今日ではピリオド以外は自ら進んで聴こうとはしないのだから。

リヒターの曲の解釈・表現は、コラール・フェルマータの扱い方にしても、非常に柔軟性にとんだ自由な扱い方をして、詩の内容を浮き出させているし、フレーズのつくり方がふくらみを増し、表現に人間的な息づきが至るところにあふれてくる。

1960年代としては最高の独唱陣を得たことも素晴らしく、どの個所にも不満を感じさせないし、むしろ感嘆の連続である。

特に早世した名テノール、ヴンダーリヒの名唱が聴けるのはたいへん嬉しいことだ。

粒ぞろいの歌手による名盤中の名盤であることは間違いなく、こうしたバッハを愛する人にとっては限りなく大きな価値を持つ演奏であろう。

でも、今日の演奏スタイルからは乖離した面があるのは否めないと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:08コメント(0)トラックバック(0)バッハ | リヒター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ