2012年02月10日

フルトヴェングラーのベートーヴェン:交響曲第5番「運命」/ピアノ協奏曲第4番(ローマRAI盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「第5」は1954年のスタジオ録音のスタイルを基本として、それに実演の味をつけ加えたもので、フルトヴェングラーの「第5」CDの中でも異彩を放っている注目盤。

その大きな原因はローマのオーケストラがフルトヴェングラーに慣れていないため、刻明な棒を振ったところにある。

第1楽章の動機など、1小節をきちんと2つに振っており、そのためにいちばん遅いテンポになっているし、主部も遅めだが、それが深い思索の足どりを示すのがユニークなのだ。

1952年1月のライヴなのに、すでに最晩年の趣がある。

オケが慣れていないというのも良いものだ。たどたどしささえプラスに作用しているからである。

第2テーマでのテンポの落とし方一つをとっても意味深く、いたるところで新機軸が見られる。

第2楽章も一つ一つの音符を丁寧に弾かせるので、テンポは遅くなり、リズムにはしゃべるような丹念さが生まれ、時には手探りの進行が内容的に感じられる。

スケルツォも同じだ。

切れの悪いテーマは語りかけるようで、少しも嫌味ではなく、木管の受け渡しは瞑想を湛え、再現部あたりのリタルダントは他のどのCDに比べても最も大きい。

間をあけずに入るフィナーレはほぼ普通のテンポで進み、緩急の動きはごくごく控え目だ。

コーダさえ落ち着いた理性的な表現で、およそフルトヴェングラーらしくないが、説得力は充分なものがある。

ピアノ協奏曲第4番におけるスカルピーニの表現はかなりハンゼンに似ており、ともにフルトヴェングラーの解釈下にあることを示している。

フルトヴェングラーの指揮も晩年のものだけあって、テンポの動きにせよ、ダイナミックスにせよ、ずっと落ち着いている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:43コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ