2012年02月12日

カラヤンのブラームス:ドイツ・レクイエム(1983年盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンが世を去る6年前の録音。

カラヤンのドイツ・レクイエムは映像も含めると6種類もある。

そのうちウィーン・フィルによる演奏のほうがベルリン・フィルを上回っているというのは興味深い。

本盤は演奏録音としては最後のもので、ここでは晩年のカラヤンの特長が顕著だ。

ウィーン・フィルの柔らかな音色と響きを効果的に引き立てるかのようにゆったりとした風情が漂う。

明らかにベルリン・フィルの構築的、ドラマティックなロマンティシズムとは異質の世界を描こうとしている。

カラヤンのクールな眼がすみずみまで行き渡った演奏で、自分の中のブラームスに問いかけているような《沈潜》が生まれている。

初期の録音では静的世界と動的世界の対比の上にブラームスの緊張度を拮抗させていたが、ここではドラマティックな対比は表面に出ず、あくまでカラヤンの内的ドラマとして処理される。

第6楽章が強い印象を残し、カラヤンならではの統率力で、演奏者たちをまとめ、実に激しい説得力のある演奏を示している。

とはいえ第4楽章の「あなたの住まいはなんと気持ちのいいことでしょう」のやさしさが、全曲の基調となっており、カラヤン晩年の内なる声を聴きとることができる。

あたかもカラヤン自身がこの音楽に"癒し"を求めているかのように…。

ヘンドリックス、ヴァン・ダムら、彼の目に適った独唱陣はともかく、合唱が少々モッタリしている。

しかしそれゆえにこそ、柔和な妙味が醸し出されるのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:21コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ