2012年02月22日

ワルターのワーグナー:ワルキューレ第1幕、他


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



これはワルターの目指した音楽の最高の刻印であると同時に、ワーグナー演奏史の最良の一頁として記念される名演である。

1935年に録音されたこのSPが発売されたときは大きなセンセーションを巻き起こしたらしい。

何しろワーグナーの楽劇などまったく録音されなかった時代だからである。

ワルターのテンポは異常に速い。おそらくは晩年はもっと遅いテンポをとったに違いないが、この場合いかにも50代のワルターらしい。

ただ、全体的に見てライトモティーフの表出が著しく弱いのがワルターの欠点となっている。

しかしジークリンデが自分の想いを歌う部分の、春の陽ざしのような微光のほほえみ、ウィーンの弦の不健康な美しさなど、ワルターならではの表現も見られるし、背伸びをしない地のままの指揮に好感が持てる。

全曲が一つのまとまった解釈となり、聴いているときの安心感と陶酔は比類がない。

それに何よりも歌手が素晴らしく、ワーグナー歌唱の至高の範例とされるほどの名唱であろう。

特に第1幕のフィナーレの素晴らしさはあらゆる比較を絶している。

とくにロッテ・レーマンはごく自然に歌いながら、温かい息吹きと魅力的な女性美がむせるようだ。

メルヒオールも努力なしにジークムントの暗さを背負った人柄を出している。音色の変化が微妙だが、節まわしの巧さといい、すべてが生まれつきの才能のように自然である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:10コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ