2012年02月23日

シュヴァルツコップ&カラヤンのR.シュトラウス:4つの最後の歌


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



R.シュトラウスの音楽が好きになったのは、《ばらの騎士》かこの《4つの最後の歌》ことがきっかけだ、というファンは少なくない。

しかもそのどちらもシュヴァルツコップの歌唱を通じてだ、というのが面白い。

当時のシュヴァルツコップは心技一体というか、テクニックだけでなく、内面も輝き渡っていて、まさにオーラを放射していた。

時代もよかった。希望あふれる時代だった。

誰もが《ばらの騎士》のような世界に浸れる時代が目の前に来ていると実感させられた。

その輝きは今日でも失われず、私たちの夢の原動力はここにあると思わせずにはおかない。

それは《4つの最後の歌》についても言える。

これは死を目前にした老年の諦念を歌い上げた音楽であるにもかかわらず、ある種の明るさが漂っている。

死は生と対極にあるのではない。

カフカは「生を十全に生きた者は死を恐れない」と言ったが、死は十全に生きた者の至る最後の成熟であり実りである。

シュトラウスはその意味を知っているだけでなく、その豊かな実りを絵画的で壮大な響きの饗宴として私たちに呈示し、真にこのような死を迎えたいを思わせる。

その意味に最も深く触れているのが、このシュヴァルツコップ&カラヤンの演奏だ。

死は希望と夢にあふれ、それはこんなに豊かで、心ときめくものなのかと感動させられる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:42コメント(0)トラックバック(0)シュヴァルツコップ | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ