2012年02月28日

カラヤン&ウィーン・フィルのチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

「陰惨きわまりない時代には、ただ芸術だけが重苦しい現実から注意をそらせてくれる」というチャイコフスキーの言葉が、そのまま伝わってくるかのような演奏である。

《悲愴》は実にカラヤン7回目の録音だが、これは過去6回のいずれをも超える名演である。

カラヤンは、作品を徹底して掘り下げ、耳を疑うほどの感動的な《悲愴》を聴かせて、演奏芸術のほとんど究極の姿を実感させる。

カラヤンは、名人オーケストラのウィーン・フィルを自在にドライヴしながら、この曲の暗鬱で救いようのない気分を、巧みに表出している。

芯からの悲愴感が漂い、音質の抜群の良さもあって心が震えるほどに訴えかけてくる。

驚くべき集中力をもって演奏しており、その尽きることのない燃焼の激しさ、外面的な効果に終わることのない説得力に圧倒される想いだ。

曲頭の第1楽章序奏部では未聞の暗さが慄然と響いているし、それがフィナーレのコーダ、アンダンテ・ジュストにこだまして、深い悲しみの淵にきく者の心を沈めてしまう。

まさにチャイコフスキーに生涯を捧げたカラヤンならではの奥深い演奏で、7回目の録音によって初めて成し遂げられた記念碑的名盤である。

チャイコフスキーを得意とするカラヤンの、きめこまかな棒さばきに魅せられる演奏だ。

ウィーン・フィルもカラヤンに触発された白熱的演奏を聴かせており、究極のオーケストラ・サウンドに浸らせる。

指揮者、オーケストラともに理想的であり、CDで体験することのできる最高の感動がここにはある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:30コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ