2012年03月02日

ケルテス&ウィーン・フィルのシューベルト:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



インマゼール盤とともに、是非とも揃えておきたいのが、ケルテス&ウィーン・フィルの交響曲全集である。

「クラリネットとオーボエのユニゾンで奏される第1楽章第1主題の音色が、ハンガリーの民族楽器タロガトーの音を模したものであることがもっとも明確に分かる」とは、ケルテス&ウィーン・フィルによる「未完成」への中野雄氏のコメント(『クラシックCDの名盤』)である。

なるほどと感心したものの、未だタロガトーの本物の音は聴いたことがない。

ここに自らの不勉強をお詫びする。

それはそれとして、この全集の素晴らしさは一目瞭然だ。

ケルテスの音楽づくりは、まるで古楽器奏法を先取りしたような鋭いアタック、クライバー顔負けの鞭のようにしなるフレージングをもって、楽曲の構造を浮き彫りにするのを特徴とする。

ウィーン・フィルと共演しながら、ウィーン情緒と訣別した斬新さに秀でており、特に、初期作品でのシューベルトの前衛性が明らかにされていて面白い。

「第1」や「第2」など、滅多に演奏される作品ではないが、若書きゆえの破天荒な魅力があり、当時としてはかなり前衛的な作品だったはずだ。

1963年の第8、9番にケルテスの魅力的な個性が示されている。

他ならぬ「未完成交響曲」に於いて、本家ウィーン・フィルを用いながらも、「ウィーン情緒」からはもっとも遠い斬新なシューベルト像を描いたのである。

「グレイト」も瑞々しい感受性をもってシューベルトの抒情的な旋律を格調高く歌わせ、構築も端正・緊密で、ケルテスの純音楽性の高さを思い知らされる演奏。

しかしその後の録音(1970〜71年)は、作品の室内楽的な容姿をよく生かしているものの、いささか情緒の膨らみに乏しく、ウィーン・フィルのアンサンブルも格別優れているとはいえない。

上記データで、録音年が7年も飛んでいるのは、1963年に「未完成」と「グレイト」を録音した時点では、全集化の考えがなかったからだと思われる。

それらの中では、「第5」が、この曲の従来からのイメージに合った温和で優美な音楽で、ウィーン・フィルもじつに魅力的だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:27コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | ケルテス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ