2012年03月05日

マルタ・アルゲリッチ/チャイコフスキー&シューマン:ピアノ協奏曲(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アルゲリッチの2曲のピアノ協奏曲の旧盤の方を新たにカップリングしたアルバム。

目の覚めるようなピアニズム、作品の核心を鋭く抉る洞察力、そして奔放なまでの才気。

輝かしく強靭なタッチと情熱的な演奏で、聴く者に圧倒的な説得力をもって迫る、デュトワがバックを務めたチャイコフスキー。

幻想味に溢れたロマン的情緒豊かな香りが横溢する、ロストロポーヴィチが指揮したシューマン。

いずれも後年の録音に比べて未だもって色褪せない名演だ。

性差にこだわるようなことはしたくないけれど、ごく一般的にいって、チャイコフスキーの《ピアノ協奏曲第1番》のような曲は、それほど女性奏者は好んでチャレンジし難いですよね。

チャレンジするのも難しいけれど、そこから多大な成果をあげるのはもっと難しい。

だが、アルゲリッチというピアニストは別格。

彼女は(ディスク上で)しばしばこの協奏曲をとり上げ、彼女にしか出来ないような大きな結実を得ている。

それはデュトワと共演したアルゲリッチ最初の当録音でも例外ではない。

この協奏曲が要求する並々ならぬ力業、スケールの大きな発想、繊細な要素から華々しい要素までのレンジの広さなど、どの点をとりあげても彼女のピアノは充分な対応をしている。

アルゲリッチの個性と言う意味では後の同曲(チャイコフスキー)録音と比較してやや薄めだが、ファーストチョイスとしてはこの盤が最高だろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:13コメント(0)トラックバック(0)アルゲリッチ | チャイコフスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ