2012年03月05日

マルタ・アルゲリッチ/チャイコフスキー&シューマン:ピアノ協奏曲(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アルゲリッチの2曲のピアノ協奏曲の旧盤の方を新たにカップリングしたアルバム。

目の覚めるようなピアニズム、作品の核心を鋭く抉る洞察力、そして奔放なまでの才気。

輝かしく強靭なタッチと情熱的な演奏で、聴く者に圧倒的な説得力をもって迫る、デュトワがバックを務めたチャイコフスキー。

幻想味に溢れたロマン的情緒豊かな香りが横溢する、ロストロポーヴィチが指揮したシューマン。

いずれも後年の録音に比べて未だもって色褪せない名演だ。

性差にこだわるようなことはしたくないけれど、ごく一般的にいって、チャイコフスキーの《ピアノ協奏曲第1番》のような曲は、それほど女性奏者は好んでチャレンジし難いですよね。

チャレンジするのも難しいけれど、そこから多大な成果をあげるのはもっと難しい。

だが、アルゲリッチというピアニストは別格。

彼女は(ディスク上で)しばしばこの協奏曲をとり上げ、彼女にしか出来ないような大きな結実を得ている。

それはデュトワと共演したアルゲリッチ最初の当録音でも例外ではない。

この協奏曲が要求する並々ならぬ力業、スケールの大きな発想、繊細な要素から華々しい要素までのレンジの広さなど、どの点をとりあげても彼女のピアノは充分な対応をしている。

アルゲリッチの個性と言う意味では後の同曲(チャイコフスキー)録音と比較してやや薄めだが、ファーストチョイスとしてはこの盤が最高だろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:13コメント(6)アルゲリッチ | チャイコフスキー 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2021年11月06日 09:25
4 アルゲリッチのチャイコフスキーは定評が有り,私も大いに惹かれます。彼女は3回録音していますが,私の愛聴盤は2番目のコンドラシンと組んだディスクです。でも前夫デュトワと組んだ最初の演奏も秀演ですね。確かに女性ピアニストは余り好んで演奏しない曲目ですが,彼女は特別です。ただし,シューマンは感心しません。兎に角彼女のシューマンのピアノ協奏曲はアップテンポで,音楽が空回りする印象を与えます。でも別々にリリースされていた演奏がカップリングされて安価で提供されているのは便利ですね。
2. Posted by 和田   2021年11月06日 09:36
アルゲリッチはCDもスタジオ録音あり、ライヴありですが、そのすべてが他のピアニストを圧してすばらしく、本当に珍しいケースといえましょう。シューマンは他にも選択肢が沢山ありますが、チャイコフスキーは数多いディスクの中で、むりやりに優劣をつけるとすれば、ピアノ演奏だけを採れば1980年のCDアコード盤、オーケストラや録音を含めた総合点がいちばん高いのは、アバド&ベルリン・フィルと共演した1994年ライヴです。すでに50代に入った彼女でしたが、円熟とはまったく無縁、縦横無尽に暴れまくっています。その熱い息づかいや感情の波立ちがマイクを通して如実に伝わり、傍若無人、奔放を極めた自在感に、絢爛たるテクニックと瑞々しいまでのタッチが応えます。アルゲリッチのピアノは情熱にあふれ、鋭い閃きを放ち、相変わらず凄い迫力を伴った演奏ですが、コンドラシンとの共演盤と比べると角が取れて円みが加わり、より心地よい流れを作っています。アバドの雄弁な表現とフレキシブルな対応も、彼女のソロを引き立てています。勿論旧盤も忘れてはなりませんが。
3. Posted by 小島晶二   2021年11月06日 21:53
アバド&ベルリン・フィル盤を挙げる人は多いようですが,火花が出る様なコンドラシン盤と比べると大人しく,統制は採れているが何となく物足りなく感じます。コンドラシン盤は以前本ブログでも採り上げられましたね。そのディスクも新たにラフマニノフ3番とカップリングされていました。デッカとグラモフォンの興味ある販売合戦ですね。
4. Posted by 和田   2021年11月06日 22:15
その販売合戦もネット配信が隆盛を極めている今となってはレコード会社の生き残りをかけたサバイバル合戦をみているようで、複雑な心境がします。それにしてもアルゲリッチがソロ活動を一切しなくなって久しいですが、実のところどうしてなんでしょうね?このような、他奏者とのアンサンブルの日常化は、一部の人々が想像するような、独奏家としての何らかの行き詰まりからくる狷┐沖瓩覆匹任老茲靴討覆、アルゲリッチが自己の名声や利益などに関わりなく内心の要求に従ってそうするに至った必然のことに違いないでしょうが、ファンとしては物足りません。音楽家同士が互いに触れ合い、共感し合い、かと思えば刺激し合い、驚き合い、啓発し合う高度なアンサンブルというものに、アルゲリッチは独りの世界からは得られないスリリングな喜びを見つけ、この道を通って、もう一度新たに音楽というものを見極めようとしているようです。しかし彼女も残された時間は少ないです。もっとやらなければならないことがあるような気がするのは私だけでしょうか?
5. Posted by 小島晶二   2021年11月07日 01:40
彼女ももう80歳,そろそろ引退を考えているのではないでしょうか。数々のコンクールで優勝,日本の文化勲章も受賞した才人ですが,元々彼女はピアノやメディア嫌い,別の事をしたいのかも知れません。しかも3度の結婚に失敗し,私生活では孤独なのも影響しているでしょう。私はご苦労様,今後は気が向いたらピアノを聴かせて下さいといった心境です。
6. Posted by 和田   2021年11月07日 09:28
アルゲリッチは大分で音楽祭をよくやってくれました。感謝の念でいっぱいです。しかし彼女のソロ、特にショパンをもう少し聴かせてほしいと願うのは私だけではないでしょう。お疲れ様というのは私も同感です。そういえばアシュケナージも既に引退し、ポリーニも間もなく80歳を迎えます。一時代の終焉が近づいているのかもしれません。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ