2012年03月07日

ムター&カラヤンのモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3&5番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤン初のモーツァルトのヴァイオリン協奏曲。

アンネ=ゾフィー・ムターは、1978年2月にカラヤンの指揮でベルリン・フィルの定期演奏会に出演し、モーツァルトの協奏曲を演奏したが、この録音はそれと同じ時期に行われた、ムターのレコードへのデビュー盤である。

この時、まだ14歳の少女であったが、ムターはなかなかよく弾いており、その年齢とは思えない見事な演奏といえる。

充分に響き切った音質ばかりではなく、音楽自体が実にのびのびとしていて内的な大きさを感じさせる。

変にこぢんまりとまとまったりはせずに、内面から流れ出る音楽を実に素直に全面に押し出している。

だからとてもナイーヴで、新鮮に感じられ、聴いていて快い。

ちょっと杓子定規の弾き方をした箇所があるにもかかわらず、音を作っていく作業は徹底している。

それに、この演奏の、背筋をピンと伸ばしての歌は本当に魅力的だ。

特に両曲の緩徐楽章では表現力が深く、美しい音色で表情豊かに弾きあげている。

ムターの豊かな天分が感じられる録音で、いまでもムターの最もよい演奏のひとつだと思っている。

カラヤンも実に深沈たるバックをつけて、ベルリン・フィルも絶妙な演奏を行っている。

なお、この時には1755年製のガリアーノを使用している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:36コメント(0)トラックバック(0)ムター | カラヤン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ