2012年03月12日

ワルター&ウィーン・フィルのマーラー:交響曲第2番「復活」(1948年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワルターは1947年エディンバラ音楽祭で戦後初めてウィーン・フィルと再会したが、これはその翌年、ウィーンへの復活コンサートでの放送用ライヴ録音。

マーラー指揮者としてのワルターの存在の歴史的な重みについては改めて述べるまでもないが、この《復活》の録音は、彼がこよなく愛したウィーン・フィルとの関わりの上でも、特別の意味を持つものとなっている。

すなわち、これはワルターが戦後、ようやくウィーンにカムバックした年、1948年の楽友協会における記念すべきライヴ録音なのである。

演奏はたいへんすばらしく、まずは第4楽章の〈原光〉を深々とした表現で歌うロゼッテ・アンダイのアルト独唱に注目。

言うまでもなくこの曲の重心は巨大な終楽章だが、そこが演奏も一番凄く、巨大なフィナーレを貫くテンションの高さ、オーケストラと声楽の強力な一体感は比類がない。

声楽とオーケストラが一体となり、ワルターに率いられて全表現がマーラーの心中に深く沈下してゆく。

その模様はまったく壮観で、どこがどうという分析を超えて皆良い。

なかでもアルトのアンダイは飛びぬけて立派だ。

声の質も歌い方も、ともにその時代を表してマーラー的世界に密着し、ワルターの表現をいっそう幅のあるものにしている。

マーラーの極意のほどを改めてワルターから教示される思いである。

音源は放送用のテープで、音の状態が比較的良いのも幸いだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:54コメント(0)トラックバック(0)マーラー | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ