2012年03月13日

ワルターのモーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」&ブラームス:交響曲第4番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワルターは第2次世界大戦前にウィーン・フィルといくつかの優れた演奏を録音したが、彼はモーツァルトの解釈で傑出していたから、1つ選ぶとすれば《ジュピター》交響曲を挙げる。

モーツァルトの交響曲の最高峰は《ジュピター》交響曲、20世紀最高のモーツァルト指揮者はワルター、モーツァルトの演奏に最も見事に対応するオーケストラはウィーン・フィルである。

この3つの要素が1度だけ結びついた録音は、色褪せない魅力を持っている。

この作品に内蔵する威厳と品位、そして独特の構成と豊かな感情を、ワルターは心からの共感と深い理解に基づいて表現する。

ワルターの解釈はあらゆる意味でオーソドックスであり、それが彼の人間性と結びついて豊かな雰囲気をもたらし、モーツァルトの精神はそこから天上に向かって昇華する。

第4楽章のロンド主題によるフーガの演奏は、それを実感させずにはおかない。

ウィーン・フィルの美しい音色、豊かな響きもモーツァルトの音楽に美しい輝きをもたらしている。

ワルター&BBC交響楽団の「ブラ4」はいかにも人間的な親しみを感じさせる表現である。

金管やティンパニを抑え、ルバートを使いながら主題を情緒豊かに歌った温かい第1楽章、しみじみと寂しいムードを醸し出し彼としては旋律を地味に取り扱った第2楽章、たいへん速いテンポで活気にあふれた第3楽章など、ワルターは音楽各部の意味を強調しつくしている。

小味なモーツァルト風リズムと旋律のロマン的な歌、ここに彼の指揮するブラームスの、そしてモーツァルトの基本的な秘密がある。

1930年代半ばの録音であるが、充分観賞に耐えうる音質である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:46コメント(0)トラックバック(0)ワルター  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ