2012年03月16日

フルトヴェングラー&ベルリン・フィルのベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》(1942年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーの「第9」というとまずバイロイト盤を思い起こすが、筆者はベルリン・フィルとの演奏が好きだ。

今までも何度かLPやCDになったが、音質が悪く、演奏に霞がかかったような印象であったため、正直言うと実は最近まであまり好きではなかった。

ところがメロディア盤は、ソ連軍が戦利品として持ち帰ったテープから直接音を起こしているため、考えられないくらい良好な音質である。

演奏はフルトヴェングラー56歳の時のものだけに、若々しく、アゴーギクの様相にはこの指揮者ならではのものがある。

テンポに一貫した緊迫感があり、素晴らしく生命力の横溢した表現で、創意豊かな気迫に満ちた「第9」だ。

第1楽章からティンパニの地響きのような強打と鋭いリズムが全体を支配し、それに重厚な弦楽器群が応えるあたりはすさまじいまでの迫力がある。

第2楽章に入っても、スタイルは一向に変化がなく緊張を維持し続ける。

第3楽章では一転、ゆったりとしたテンポで、あたかも止まっているかのような時の流れに身をまかせる。

そして第4楽章の始まりとともに夢は終焉を迎え、クライマックスで曲が閉じられる。

終楽章の声楽部も見事なもので、この作品の祝祭的な性格を明らかにしている。

これほど指揮者も演奏者も感情が高揚していながら、音楽的に逸脱したところがないというのは驚異的なことである。

大戦下という異常な状況のなかで、明日はもう演奏できないかもしれない、聴けないかもしれないという一種の極限状態を作り出し、一期一会の名演を生み出したのだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:13コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ