2012年03月18日

フルトヴェングラー&ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》(1952年11月26-28日ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ライヴを合わせて10種類の録音が残されたフルトヴェングラーの《英雄》の最高峰と評される1952年11月のスタジオ録音と同時期に行われたライヴ録音。

フルトヴェングラーの名盤を一つ、と言われたら《英雄》につきる。

有機的演奏という表現がこの録音にはもっともふさわしく、冒頭の2つの和音から物語が始まり、気宇壮大な展開を重ねながらロマンティックで、しかもドラマティックな音の世界が形作られていく。

聴き手はそのスタートからコーダに至るドラマを目撃するかのように演奏と対峙、あたかももう一つの人生を生き抜くかのように全曲に浸ることになる。

巨匠が亡くなる2年前のライヴ録音だが、ウィーン・フィルの統率力にも抜かりがなく、美しさもスケール感も、また表現の純度と熟成度も理想的である。

演奏という行為が精神的営みにほかならない事実を実証した名演といってもよいであろう。

《英雄》は英雄が必要とされていた時期のものに限る……というわけではないが、フルトヴェングラーこそ、この交響曲第3番の演奏に、巨大な発展と雄大な広がり、そして衰えを知らぬエネルギーがふさわしかった時代の申し子だった。

テンポは動かし、デュナーミクも大胆に変える。

間違いなく演奏するなんて、つまらぬことに気をとられる必要など、この大指揮者にはなかった。

どうしても、こう表現しなければならなかった。

こういう演奏を必要としない現代にいながら、こういう演奏を聴くことができるのは、何とも不思議な喜びではないだろうか。

これぞ、という組合せだけに、いくつもの録音があって、どれもそれぞれすばらしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:46コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ