2012年03月20日

フルトヴェングラー&ベルリン・フィルのブラームス:交響曲第4番&ハイドンの主題による変奏曲(1943年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベルリン・フィルの定期の実況録音で、当時のものとしてはひびきが豊かだ。

《第4》はフルトヴェングラー一流の、魔術のようなアゴーギクで曲が自在に流動しており、各部の性格が巧みに強調されている。

その点、有名な1948年盤に酷似しているが、オケの状態はこのほうが良いくらいである。

特にポルタメントを多用した弦の甘美さが際立っている。

ブラームスの新古典主義的な様式より、ロマン的な内面を濃厚に描いた演奏である。

それだけにブラームス晩年の枯淡の味わいは弱められたといえるだろう。

むしろこのディスクでは《ハイドンの主題による変奏曲》のほうが聴きもので、まことに雰囲気豊かな演奏に音は良くないが惹かれてしまう。

冒頭のハイドンのテーマからして、暗く、生々しい人間味がいっぱいに立ちこめる。

実際、フルトヴェングラーは"ドラマの人"なのだ。彼の演奏はすべて"音で語ったドラマ"といえるだろう。

全曲中の白眉は「第4変奏」である。遅い粘ったテンポで、心に強く訴える"挽歌"を奏でてゆく。こんな演奏はほかのCDからは絶対に聴けはしない。

同じく遅いテンポと強調されたピアニッシモで、深沈たる寂しさを出した「第8変奏」、第1ヴァイオリンの甘美な音色と大きなカンタービレが見事な最初の3つの変奏もフルトヴェングラーならではのものであろう。

ロマン的な情感がすみずみにまで漲っているが、それはすなわちフルトヴェングラーの体臭でもあるのだ。

そして「終曲」はそれらすべての集大成で、造型も揺るぎなく、終わりのモルト・リタルダンドの指定から、イン・テンポに戻るところでテンポを上げ、ティンパニを最強打しつつ決めるやり方が実に巧い。

フルトヴェングラー独特の、熱っぽくロマンティックな解釈で、聴き手の心をぐいぐいと引き込んでいくような名演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:15コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ