2012年03月27日

シノーポリのR.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき&ドン・ファン


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シノーポリは不思議とニューヨーク・フィルと相性のいい指揮者であったが、《ツァラトゥストラはかく語りき》の演奏も極めて優れたものといえる。

演奏は、細部のモティーフや動きをとても明快かつ丹念に琢磨しつくして、この曲から多彩で鮮明な表現をひき出している。

シノーポリはやたらに分析的にならず、おおらかにオーケストラを鳴らして、R.シュトラウスらしい重厚なサウンドを存分に聴かせている。

これを聴く限りニューヨーク・フィルはやはり偉大なオーケストラである。

作為的なところも目につくが、シャープな表現で過度に大仰にならないのがいい。

なによりも熱演が魅力で、シノーポリの曲への思い入れが伝わってくる。

彼はヨーロッパのオーケストラよりも、ニューヨーク・フィルを指揮した方が、より見事な演奏(たとえばワーグナーの管弦楽曲)を聴かせるケースが多かったが、これなどはその典型といえるような気がする。

《ドン・ファン》はドレスデンのルカ教会におけるレコーディング。

ルカ教会での録音というと昔のLPなどでは妙にもやもやした頼りない音で収録されているケースが少なくなかったが、これはまったく違って、響きはどこまでもクリアだ。

むろんそれがシノーポリにとって必須の条件であったことは容易に想像できる。

それにしても、R.シュトラウスのスコアの隅々までをここまで明晰に読み取るあたりは、さすがシノーポリの面目躍如たるところ。

シュターツカペレ・ドレスデンの超凡な各能力が「素材」として使われている、という感がなくはないけれども、これだけ美しい仕上がりを突きつけられれば屈服するほかはない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:46コメント(0)トラックバック(0)R・シュトラウス | シノーポリ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ