2012年03月29日

ワルターの「ドン・ジョヴァンニ」(1942年メト・ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトのオペラの中で、音楽の密度がいちばん濃いのは《ドン・ジョヴァンニ》であろう。

水準以上なら、どのような舞台に接しても筆者は感動してしまう。

また、どのような演奏スタイルも受け入れてしまう。

エクサン・プロヴァンス音楽祭のハーディングの指揮など、通常の倍も速いかというスピードですっきりと流した演奏だったが、実に美しかった。

しかし、ドラマティックで凄味のある《ドン・ジョヴァンニ》ということになると、未だもってワルターが随一だ。

1942年のライヴなので音が古く、しかもレチタティーヴォのチェンバロをピアノで代用するという時代物だが、演奏だけを考えれば現在もこれに匹敵し得る盤は1組もない。

それは一にも二にもワルターの指揮が圧倒的だからで、歌手一人ひとりに言いたいことがあっても、指揮者中心に聴くべき演奏ゆえ、歌のことは気にならない。

それはすべての歌手が水準以上に達し、歌手のアンサンブルも見事の一語に尽き、ワルターの強力な統率下においてまとまりが最上だからである。

全盛期の彼の迫力と緊迫感は手に汗を握るほどであり、対照的に柔らかく優しい息づかいにもあふれているのだから鬼に金棒。

これほどドラマやその内容の濃さを感じさせる演奏はないが、音楽的な緊張や流れの良さも抜群なのだ。

筆者など聴き始めたら録音の古ささえ忘れてしまい、聴いている2時間半の間、体中が熱くなり通しだ。

音質の古さを補って余りある気迫のこもった名演奏の復刻である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:12コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ