2012年04月03日

フルトヴェングラー&ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」(1944年ライヴ録音)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

1953年にウラニアから発売され、"ウラニアのエロイカ"としてセンセーショナルを巻き起こしたが、フルトヴェングラーが訴えたため、発売中止となった曰くつきのレコードのCD化である。

フルトヴェングラーの残した《エロイカ》の中でも最も劇的であり、この指揮者のあらゆる演奏の中でも屈指の名演に数えてよい。

素晴らしく共感の強い入魂の演奏であり、極めて個性的だが造形的には見事な均衡を得ている。

大胆なアゴーギグとデュナーミクも素晴らしい効果をあげており、音楽的な必然性を帯びて迫る。

まさに至芸というべき表現である。

全曲中、最もすばらしいのはフィナーレで、集中してゆくテンポの良さが見事で、厳しくも内容のある響きも印象的である。

フルトヴェングラーは《エロイカ》を得意とし、CDも約10種類を数えるが、われわれを完全に満足させてくれるものは1枚もない。

この1944年盤も初めて耳にした時は異常な感動をおぼえたものだが、今となっては音が古すぎる。

放送録音のため、ムジークフェライン・ザールの残響が豊かに入り、歪みも少なく、当時のものとしてはきわめて優れたものといえるが、それでもフルトヴェングラーの表現の何パーセントがマイクにとらえられているのだろうか。

まことに残念でならない。

とはいえ、このCDは他のライヴ盤に比べ、全4楽章の音質が均一に保たれているのが大きな長所といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:10コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ