2012年04月29日

フルトヴェングラー&ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲第9番《合唱》(1953年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1953年5月30日 ウィーン楽友協会大ホールに於けるライヴ録音。

1953年度ウィーン音楽祭開幕の「第9」録音である。

表現はバイロイト盤に最もよく似ているが、あれほどの燃焼度は示しておらず、やや物足りない。

とはいえ、やはりすばらしい部分は多々あって、特に第3楽章第2テーマの美しさや、つづく第1変奏の遅いテンポと、それを支えるピチカートの強さなど、ことによるとバイロイト盤をも凌ぐかもしれない。

全体としてウィーン・フィルの第2ヴァイオリンの実力が大きくものを言っているのである。

第1楽章もさすがに立派で、実にたっぷりとした音楽が満ちあふれてくる。

フルトヴェングラーのウィーンフィルとの「第9」の中では最良のものではないだろうか。

演奏の美しさでは1952年の「ニコライの第9」に若干劣るような気がするが、安定感があり、ウィーンフィルの歌心も充分に発揮されている。

演奏の柔軟さでは「ニコライの第9」と肩を並べ、1951年の「ムジーク・フェラインザールの第9」や「ザルツブルクの第9」が若干硬直した演奏に感じるのに対して、この演奏が優っていると思われる。

録音は若干木管楽器がオンマイクだが、弦楽器も充分に豊かに響くので、それほど気にならない。

ウィーン・フィルとの「第9」の中では最良の音質と思われる。

また、曲間など、まったく編集されていないので、まさにその場で聞いているような臨場感に浸れる。

総合的に見て、かなり優秀な出来のCDだと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:51コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ