2012年05月24日

フルトヴェングラー&ストックホルム・フィルのベートーヴェン:交響曲第9番<合唱つき>(1943年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーのベートーヴェン『第9』の中では目立たない存在かもしれないが、中身が濃厚でエネルギッシュで激熱なストックホルム・フィルとの『第9』である。

どうしてもフルトヴェングラーの『第9』は、『バイロイト』に注目が集まり、他の演奏では戦時中の劇的な1942年のベルリン盤と最晩年の深遠な境地を示す1954年のルツェルン盤が注目される程度で他の演奏は少々隠れがちだ。

しかし、このストックホルム・フィルとの『第9』も聴けば聴くほど熱くなり次第に高揚していく。

これがフルトヴェングラーの『第9』に共通していえる、一種の麻薬的な楽しみなのかもしれない。

客演だけにオケも所々不揃い、合唱も叫んでいる様で決して上手ではないが、それでも「最高」に属する1枚であろう。

戦時中のめずらしい、中立国への客演が生んだ緊張感がすばらしい。

造型はベルリン盤とさほど変わりがないが、第1楽章と第3楽章のテンポは速めだし、表情もやや凄味に欠ける。

それでも弦の音色がかなり明るく、優美なせいもあって、フルトヴェングラーとしては流麗な『第9』であり、第3楽章の第2主題や木管の佇まいなど、他の6盤には見られぬ美しさがあることも事実だ。

他のフルトヴェングラーの『第9』との聴き比べも楽しみになる、そんな1枚。

盤起こしの持続的な雑音が入るが、驚くほど音像はしっかりしている。

経年変化した1950年代のテープ録音よりよほど鮮明である。

ストックホルム・フィルも必死に指揮についていっており、一期一会の演奏となった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:28コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ