2012年05月25日

フルトヴェングラー&RAIのベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』、ワーグナー:『トリスタンとイゾルデ』〜前奏曲と愛の死(1952年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1952年、フルトヴェングラー・イン・イタリー。

曲目はベートーヴェン《エロイカ》とワーグナーの《トリスタン》より『前奏曲と愛の死』。

フルトヴェングラーが残した録音にはかなりの偏りがあり、またベートーヴェン?と思われるかもしれないが、そこは巨匠の残した名演を堪能するという事で是非ご理解頂きたい。

フルトヴェングラーとイタリアのオケとの相性はそう悪くなく、一定のレベルの演奏に仕上がっているのがやはり技術なのか?と感心するばかりで、この《エロイカ》も、フルトヴェングラーが指揮をした同曲異演盤と重なる箇所も多く、1944年や1952年のウィーン・フィル盤に近い演奏にも聴こえる。(但し、1944年盤は時期的により鬼気迫る感じに聴こえなくもないが)。

《エロイカ》はフルトヴェングラーの十八番の一つ。

演奏について触れる必要は全くないであろうが、第1楽章にはすでに晩年の客観視が表れており、呼吸も深い。

3月のワーグナー《トリスタン》より『前奏曲と愛の死』であるが、これも名演と言って過言ではない。

《エロイカ》もさることながら、このワーグナーは必聴!

元々ワーグナー演奏にも定評があるフルトヴェングラー。このトリノとの演奏では、泣かせる、聴かせる。

やはり彼はツボを知っており、テンポといい、間といい、ただでさえ《トリスタン》の最初と最後を飾る名曲を、抑えきれない感情をググッと内に秘め、青白きオーラを発しながらオケに魔法をかけてこの名演を生み出した凄まじき指揮を生で見てみたかったものである。

《エロイカ》、《トリスタン》両曲とも大爆発的な大袈裟な演奏ではないが、フルトヴェングラーにしかできない演奏はまさにファンにとっては一つのお宝には間違いないであろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:18コメント(0)トラックバック(0)フルトヴェングラー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ