2012年06月04日

ワルター&コロンビアのモーツァルト:交響曲第40番&第41番「ジュピター」/アイネ・クライネ・ナハトムジーク


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワルターは、旋律をよく歌わせる指揮者である。

それも、中庸を行った歌わせ方で、その品の良さ、典雅さはたとえようもなく美しい。

ワルターは、常に微笑みを忘れなかった人だ。

だから、とくにモーツァルトの明るく歌うような旋律では、常に「笑って……」という言葉を連発したという。

その暖かみのある真摯で人間味あふれる表現は、ワルター独自の世界である。

そして、ワルターはまた、モーツァルトを演奏する際に、オーケストラのメンバーを前にして「泣き伏したくなるほど、明るく、明るくなければならない」と言ったというが、その言葉は、この第40番の第2楽章のことを言ったのではないか、と思われるほどぴったりの演奏である。

モーツァルトの音楽に対する心からの共感が、これほど陶酔的にあらわれた演奏というのも、他にはない。

モーツァルトを愛してやまなかったワルターは、モーツァルトの他の交響曲と同じく、第41番《ジュピター》も何度も録音している。

いずれ劣らぬ名演だが、亡くなる2年前に録音されたこの演奏が最もすばらしい。

ワルターのモーツァルトへの敬愛の念がにじみ出た演奏で、ゆったりとしたテンポの第1楽章からして、いかにもワルターらしい風格が感じられるが、圧巻は終楽章のフーガで、その壮大で崇高な表現には、本当に魅せられる。

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はきりりと引き締まった気品のある表現で、細部にまで磨き抜かれた、表情豊かな演奏をおこなっている。

とくに、第2楽章の柔らかな、そして、暖かみのある表情は比類がない。

ワルターならではの、優しさと愛と歌にみちあふれた名演で、この指揮者の最晩年の録音だが、とてもそうとは信じられないほどの生気が感じられるのがすばらしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:59コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ