2012年06月06日

ワルター&ウィーン・フィルのモーツァルト:交響曲第38番「プラハ」、第40番(1955, 1956)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワルターとウィーン・フィル美の結晶!モーツァルト第40番&第38番『プラハ』。

ワルターといえばモーツァルト。モーツァルトといえばウィーン・フィル。

ワルターの40番の演奏は昔から定評あるものでここでも豊満な美演に感動した。

この40番を初めて聴いたとき、言葉で表現できないような経験をした。

この演奏の高みは希有のものである。

それ以来、繰り返し聴き続けている。

筆者にとって別格のモーツァルト演奏である。

この演奏のすばらしさを感じ取ることのできる感性を持っていたのは何と幸福なことであろう。

『プラハ』の序奏の堂々たる風格、そして主題提示の美しさはワルター&ウィーン・フィルならではの味わい。

うれしいことに新たな音質で蘇った。

ワルターとウィーン・フィル、そしてモーツァルトの組み合わせは、あらゆる反対意見を黙らせてしまう。

しかし戦前の録音は、何と言っても音を心の中で修正しながら聴かなければならなかった。

1950年代の高SN比録音が発見されたとき、モーツァルトと同じ永遠の旅芸人として、ありとあらゆる試練と辛酸をなめたワルターとウィーン・フィルの再会があった。

39番と41番の希有のウィーン・フィルのテープ録音もいつの日か、世に出るであろう。

ワルターは、ワルターの中にモーツァルトが生きている真の芸術家であった。

ワルター・ファンのあいだでは、SONY盤(1952年5月18日表記)とALTUS盤(1956年6月24日表記)の40番の演奏はまったく同一で、しかも音源所有者であるオーストリア放送協会の提供したデータが1956年6月24日ということから、正しい録音年月日は1956年6月24日であると広く認識されていることを付記しておく。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:03コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ